FC2ブログ
 暮らしの中にちょっとした楽しさが、感じられる 生活の工夫、ハンドクラフトだったり植物だったり 簡単なリフォームだったり、無理のない生活の工夫を見つけてみたいと思います。
広島県物産陳列館2
ヤン・レッツェル


日本では多くの設計をされていたのに、その建築物が残っていないのは残念です。
プラハのチェコ通産省庁舎もレッツェル氏の設計ではないかと言われていましたが、
近々のウィキペディアでは設計者が ジョセフ・ファンタ氏になっています。

様々な建築様式を取り入れて設計していたようですね。
松島パークホテルは火災の影響で取り壊してしまったようですが
残った部分で保存できてたら…なんて思います。

松島パークホテル
松島パークホテル

関東大震災後帰国したようですが(養女の子や日本人の奥さんがどうなったのか分からないですね)
設計などは携わっていなかったようで、晩年は(晩年というには若すぎます)親類からも邪険にされ
不遇な人生だったようです。
(当時は日本は敵国でレッツェル氏が日本びいきだったせいでしょうか)

広島記念公園




でも誰よりも平和を願っていたのではないかなと感じるのは私だけではないと思います。
第一次世界大戦で生まれ第二次世界大戦で幕を閉じた広島県物産館
レッツェル氏の叫びが聞こえてきそうです。

原爆ドーム2

ドーム部分の鉄骨よく溶け落ちなかったですよね、奇跡的だ…


溶けた瓦
溶けた瓦(広島平和記念資料館)

元安橋

現元安橋
現在の元安橋

広島ガス




広島県物産陳列館
先達てアメリカオバマ大統領が広島に訪問されましたが、私も一昨年家族旅行で広島を訪れました。
国際色あふれる街で、世界の平和の発信地ということは言うまでもないですね。

原爆ドーム

通称原爆ドーム、建てられた時期は1915年竣工(大正4年)第一次世界大戦真っ只中

ヤンレッチェル


設計者は当時オーストリアハンガリー帝国(現チェコ共和国)出身のヤン・レッツェル、日本の近代建築に尽力された
方なんですね、この頃はフランクロイドライトはじめ世界の建築家が日本に来ていたようです。

レッツェル氏、建築家としては大半を日本で活動し、日本人の養女まで迎えています。

ヤン・レッチェル

作品はあまり残っていないようですが、webの画像を見るとアールヌーボーと日本建築が混在したような
印象を受けますね。フランクロイドライトも日本建築をモチーフにした時期があるので、考えたことは一緒だったのかなと思います。

聖心女子学院
               聖心女子学院正門