FC2ブログ
2016/11/07

ムーミンの家?!……

 家と街並み

ムーミンの家みたいな建物作りたいと施主さん
ムーミンの家?ムーミンの家……
ムーミンの家ってどんなんだっけ?
子供のころアニメは見ていたけどあまり記憶にないなぁ
そんな感じで母屋からの離れでアトリエを作ることに


ネット検索でムーミンについて調べました。
なるほどフィンランドのトーベ・ヤンソンという女性が作者ですか。
お父さんは彫刻家でお母さんはイラストレーターという芸術一家、ぺル・ウロフとラルスという弟さんもいるのですね。
ムーミンの小説としては9作品、連載漫画の出版がすさまじかったようですね。


登場人物は、ムーミンパパ、ムーミンママ、ムーミンの彼女、ミィ、スナフキン、スニフ etc……
あぁ、いましたねそんなキャラクター達、記憶が戻ってきました。
主人公のムーミン、正式にはムーミン・トロールっていうんですね、知りませんでした。

ムーミン出生の秘密?!

トーベ・ヤンソンが初めてムーミンらしきものを描いたのは、10代の頃次弟のペル・ウーロフ・ヤンソンと口喧嘩をして負けた時に悔し紛れにトイレの壁に描いたもので、そのムーミンらしき姿に(SNORK:スノーク;とても醜い生物)と書いたものであった。 トーベ・ヤンソンがムーミントロールの原型らしきものを公に最初に描いたのは政治風刺誌『ガルム』誌上であり、当時は画中の隅のほうにいる小さな目立たないキャラクターにすぎなかった。それ以外にも、トーベ・ヤンソンはムーミンかどうかはわからないものの、トロールのシルエットを描いた作品を残している(「黒いムーミントロール」)。元々北欧では、トロールは人間にとって気味のわるい生き物であるとされており、トーベは勉強のために叔父の家に下宿したが、夜中に勉強中に冷蔵庫から盗み食いをしょっちゅうしていたところ、叔父から「夜中に背後から息をふきかけてくるトロール」(これがムウーミントロールと言った)の話を聞かされたという記述がある。ムーミンの瞳は青であるが、初期のアニメーションでは黒目であった。
ウィキペディアから抜粋

なるほどムーミンは妖精という認識だったけど、日本でいうところの妖怪に
近いものですね。

本題のムーミンの家はというと、
ムーミン谷のムーミン一家の家……
あぁ……丸いんだよ、丸ね、だけど木材は真っ直ぐなんですね、
丸い家は大変なんだな……


Muminkoland.jpg
ウィキペディアより(フィンランド ムーミンワールド)


きのこの家

飯能市hp きのこの家


なんでムーミンパパは家を丸くしちゃったのかな、(ムーミンパパは一人で家を作ったらしい)


以下施工中の写真

IMG_1033.jpg





IMG_1038.jpg




IMG_1036.png

大変なのわかってもらえるかなぁ……


ところで来年埼玉県飯能市宮沢湖にムーミンのテーマパークが完成するとのこと、うちからも車で30分くらいのところで、中にレジャー施設がありまして昔はよく行きました。

参考
ムーミンテーマパーク「metsä (メッツァ) 」



ムーミンキャラクター図鑑 [ シルケ・ハッポネン ]

価格:3,132円
(2016/11/7 08:11時点)
感想(9件)







【11/15以降~出荷】【クリスマスの袋入り】【福袋・ラッピング不可】●3121【ムーミン】クリスマス福袋

価格:2,100円
(2016/11/7 07:44時点)
感想(0件)













ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント